皮膚むしりがやめられない
一時期落ち着いてはいたのだけど最近になって再発した
腕がやべえことになってやがる
切り傷の方がまだ見られるレベル、マジで目も当てられない
行動には必ず原因がある、そして原因が解れば対処も出来るってのが持論なので、その原因について考えた
まず、その行動に移してしまうタイミング
時間帯はバラバラだが、腕の場合はいつもパソコンの前の椅子に座っている時にやらかしている
頭皮の方は主にベッドで横になっているとき、それから車を運転しているとき、パソコンで何かしているとき
頻度は頭皮の方が酷いな、気付けば左手が頭に伸びてる
腕の皮膚毟ってるのは大体動画の読み込み中
クソみたいなネット環境だと数秒再生すると数分止まるからその間は大体ブチブチやってる
順調に再生できていても毟ってるから手に負えねえ
手に暇さえあればやってるなって感じ
頭皮は外を出歩いているときもやってしまうから自分でも気持ち悪いなって思う
客観的に見たらもっと気持ち悪いんだろうな
ほぼ無意識でやってる
指先に触れる感触が健常な部位と異なるとその部分を排除したくなる
つまり触れさえしなければいずれ治るはず
頭皮に触れない為に出来ることは、髪を結ぶとか、帽子を被るとか、
あと手袋をつけるとか、患部に軟膏を塗るとか
触れていることを自覚して手を自由にさせない事が必要かもしれない
腕の方も、基本的には同じだけど根本的なことを考えてみよう
傷がに触れてしまうのは動画の読み込みが遅いとき、つまり自分が見たいタイミングで動画を見れないとき、多少のストレスだな
ストレス要因は今の私にはかなりたくさんあるのでこれも重要だと思う
あと傷に触れて、より酷い傷になるまでにかかる時間は数分ある
つまりそれだけの隙を持て余していることになる
ってことは暇にならなければ良い
要するに、働けってことだな
就活が1番のストレスではある


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 誰も寝てはならぬ, All rights reserved.